南米選手権 三好の2発で森保Jウルグアイに大健闘のドロー

公開日: 更新日:

 南米選手権(コパ・アメリカ)に招待参加している森保ジャパンに大会初ゴールが生まれた。グループリーグ(C組)2戦目のウルグアイ戦(日本時間21日午前8時キックオフ)で右MFの三好(横浜M)が、前半25分に右足シュートをズバッと決めたのである。

 MF柴崎(ヘタフェ)が、自陣から右サイドにロングパス。好反応した三好がペナルティーエリア内に進入。クロスを入れる気配を漂わせた。

 相手GKがファーを警戒。その瞬間、ニアサイドを目掛けて右足シュート。代表2試合目にして代表初ゴールを決めた。

 1―1で迎えた後半14分だった。左サイドから左SB杉岡がクロスを放り込む。GKがセーブしたコボレ球が三好の前に転がった。左足でゴールネットを揺らし、強豪相手に見事な2ゴールだ。

 MF久保は後半38分、三好に代わって出場。見せ場はなかった。試合は2―2のドロー決着。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る