朝乃山は三役おあずけ…優勝したのに番付はなぜ“前頭筆頭”

公開日: 更新日:

 それでも平幕から抜け出せなかった。

 24日、大相撲名古屋場所(7月7日初日)の番付が発表された。新小結に阿炎(25)と竜電(28)。先場所初優勝し、トランプ杯を手にした朝乃山(25)はといえば、前頭筆頭止まりだった。

 優勝力士なのになぜ?という声もあるだろうが、これは前の場所の番付が関係している。

 平幕の番付は「白星マイナス黒星」の数字がベースになり、番付が上下する。これに他の力士との兼ね合いを考慮した上で、最終的な番付が決まる。5月場所で前頭8枚目だった朝乃山は12勝3敗。12マイナス3は9なので、前頭8枚目から一気に小結に昇進してもおかしくない成績だ。碧山は6勝9敗で平幕に陥落し、御嶽海は9勝6敗で関脇に復帰と、小結は2つ空いていた。

 ここに朝乃山が入る余地はあったとはいえ、優勝力士といっても番付は上位に優先順位がある。阿炎と竜電は先場所でいずれも10勝5敗。それぞれ前頭4枚目、5枚目で朝乃山より上だったため、こちらが優先的に小結になったというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る