朝乃山は三役おあずけ…優勝したのに番付はなぜ“前頭筆頭”

公開日: 更新日:

 それでも平幕から抜け出せなかった。

 24日、大相撲名古屋場所(7月7日初日)の番付が発表された。新小結に阿炎(25)と竜電(28)。先場所初優勝し、トランプ杯を手にした朝乃山(25)はといえば、前頭筆頭止まりだった。

 優勝力士なのになぜ?という声もあるだろうが、これは前の場所の番付が関係している。

 平幕の番付は「白星マイナス黒星」の数字がベースになり、番付が上下する。これに他の力士との兼ね合いを考慮した上で、最終的な番付が決まる。5月場所で前頭8枚目だった朝乃山は12勝3敗。12マイナス3は9なので、前頭8枚目から一気に小結に昇進してもおかしくない成績だ。碧山は6勝9敗で平幕に陥落し、御嶽海は9勝6敗で関脇に復帰と、小結は2つ空いていた。

 ここに朝乃山が入る余地はあったとはいえ、優勝力士といっても番付は上位に優先順位がある。阿炎と竜電は先場所でいずれも10勝5敗。それぞれ前頭4枚目、5枚目で朝乃山より上だったため、こちらが優先的に小結になったというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る