4横綱も認めた朝乃山の素質と伸び代 そして来場所への課題

公開日: 更新日:

「土俵入りとか土俵に上がったとき、声援がすごかった。でも、一番悔しいのは、“トランプ杯”をもらう立場なのに、目の前で勝てなかった」

 朝乃山(25=前頭8枚目)がそう嘆いた通り、竜頭蛇尾の結末だったことは否めない。

 千秋楽の26日は御嶽海に負けたものの、5月場所で初優勝。賜杯にその名を刻んだ。それと同時に、今場所創設された「アメリカ合衆国大統領杯」、通称トランプ杯を初めて手にした力士ともなった。

 14日目の25日、大関豪栄道を破り12勝目を挙げると、自身を1差で追っていた鶴竜が大関復帰を目指す栃ノ心に黒星。この時点で、千秋楽を待たずして優勝が決まった。

 高砂部屋関係者は「常に淡々とした性格です」とこう話す。

「勝っても負けても、あまり表情が変わらない。新弟子の頃から、そんな感じですね。本場所でもそうですが、稽古場でも気迫を出すタイプじゃない。相撲だけではなく、日常生活でも掴みどころがない性格です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る