凱旋パレードで金メダリスト超え 朝乃山は7月場所が正念場

公開日: 更新日:

 優勝力士の姿に、富山県民が酔いしれた。

 16日に地元の富山でパレードを行った朝乃山(25)。5月場所を制した力士を一目見ようと、集まった観衆は約2万5000人。これは2016年リオ五輪で金メダルを獲得した同県出身のレスリング登坂と柔道田知本が、ペアで行った凱旋パレードの2万2000人を上回る数字だ。

 187センチ、177キロの体格で「富山の人間山脈」と呼ばれた朝乃山は、いまや「富山の星」。本場所で富山県勢が優勝するのは、明治時代の横綱太刀山以来、103年ぶりの快挙だ。県民の期待が高いのもうなずける。

 そんな朝乃山にとって、7月場所は試練の場所になりそうだ。5月場所では前頭8枚目。番付を上げれば、上位陣との対戦は避けられない。2横綱4大関と当たる可能性が高いのだ。主に幕内下位だった朝乃山は彼らとの取組が少なく、対戦成績も振るわない。横綱戦はこれまでゼロ。連続Vどころか、勝ち越せば御の字……といったあんばいなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る