凱旋パレードで金メダリスト超え 朝乃山は7月場所が正念場

公開日: 更新日:

 優勝力士の姿に、富山県民が酔いしれた。

 16日に地元の富山でパレードを行った朝乃山(25)。5月場所を制した力士を一目見ようと、集まった観衆は約2万5000人。これは2016年リオ五輪で金メダルを獲得した同県出身のレスリング登坂と柔道田知本が、ペアで行った凱旋パレードの2万2000人を上回る数字だ。

 187センチ、177キロの体格で「富山の人間山脈」と呼ばれた朝乃山は、いまや「富山の星」。本場所で富山県勢が優勝するのは、明治時代の横綱太刀山以来、103年ぶりの快挙だ。県民の期待が高いのもうなずける。

 そんな朝乃山にとって、7月場所は試練の場所になりそうだ。5月場所では前頭8枚目。番付を上げれば、上位陣との対戦は避けられない。2横綱4大関と当たる可能性が高いのだ。主に幕内下位だった朝乃山は彼らとの取組が少なく、対戦成績も振るわない。横綱戦はこれまでゼロ。連続Vどころか、勝ち越せば御の字……といったあんばいなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る