後任は監督未経験 J1磐田・名波監督「電撃辞任」のウラ側

公開日: 更新日:

 J1磐田の名波浩監督(46)が6月30日の川崎戦に敗戦後、成績不振を理由に辞任した。

 司令塔としてリーグ優勝3回。そんなレジェンドが14年9月、当時J2であえいでいた古巣の指揮官に就任。翌15年にJ昇格を決め、17年にはJ1で6位に食い込んだ。

 しかし、18年は16位に低迷。東京Vとのプレーオフ戦を制して何とか残留したが、戦力の上積みもない状況で19年シーズンを迎え、開幕から低空飛行。J16節(6月22日)のC大阪戦を0―2で落とすと公式HPに「サポーターの皆さまを不安にさせて申し訳ない」という謝罪文を掲載した。

「この時点でクラブは名波監督体制に見切りをつけていた。それでもレジェンドに解任という形で引導を渡すわけにもいかず、あくまで<指揮官が自ら辞任を表明する>という形をとることになっていた。6月30日、ホームでの川崎戦に1―3で完敗したところで名波監督が、試合後の会見で自ら辞任という言葉を発した」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る