今後なでしこベテラン4人はもっと“ベテラン風”を吹かせて

公開日: 更新日:

【特別寄稿】早草紀子(フォトジャーナリスト)

 なでしこジャパンのフランスW杯がラウンド16で終わった。オランダとの決勝トーナメント1回戦は、先制を許すも今大会に入って初めて前半のうちに追いついた。

 決定機も多く作った後半だけに悔いの残る結果となった。

 終了間際にDF熊谷紗季(リヨン)のハンドによるPKが決勝点となったが、守備の人間であれば、シュートに入ったところのブロックに入るのは当然のこと。これまでもDF市瀬菜々(仙台)が、ハンドでPKを献上した際にも「仕方のないこと」と一蹴。むしろファウルを警戒して、最後の一歩を出せなくなることを恐れていた。

 無情にも、そんな熊谷にハンドの判定とイエローカードが出てしまった。 

 終了後のピッチではリヨンでともにプレーするMFファンデサンデンに健闘を称えられると、熊谷の涙腺は崩壊した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る