コパSFブラジルに完敗…メッシ代表引退するの?しないの?

公開日: 更新日:

 所属先のバルセロナでは多くのタイトルを獲得しているので<無冠の帝王>と呼ぶのは忍びないが、やはりアルゼンチン代表でのメッシは、タイトルとは無縁だった。

 ブラジルで開催中の南米選手権(コパ・アメリカ)の準決勝でブラジルと対戦(日本時間3日午前9時30分キックオフ)したアルゼンチンは、1993年大会以来の優勝を狙って序盤からアグレッシブに攻め立てた。

 南米の両雄のガチンコ勝負である。局面ごとに激しいマッチアップが展開されて一触即発の雰囲気が漂う中、地力に勝るブラジルがチャンスをつくり始め、前半19分に先制し、後半26分に2点目をゲットしたところで勝負あった。

 アルゼンチンは攻撃の差配役のMFメッシが、普段は絶対にやらないスライディングタックルを仕掛けたり、目の色を変えて奮闘したものの、見せ場は後半12分の左ポスト直撃のシュートシーンだけ。悄然とピッチを去るしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る