千代の富士はスパッと…「引き際の美学」はプロでは遺物か

公開日: 更新日:

令和でも3年、5年を目指す」

 2日の春巡業中、こう話したのが横綱白鵬(34)だ。

 大相撲も現役寿命が延びているとはいえ、34歳は力士としては若くない。最高齢横綱は吉葉山の37歳だが、これは戦前の話だ。年6場所制となった1958年以降は栃錦と千代の富士が35歳で並んでいる。

 白鵬は昨年から2度優勝したものの、8場所中5場所を休場するなど衰えも顕著である。

 そんな白鵬とは対照的に、スパッと現役に見切りをつけたのが千代の富士だ。1991年5月場所で「体力と気力の限界」を理由に土俵を去り、ファンに惜しまれながら引退した。引退する前年の11月場所で優勝したにもかかわらず、だ。

 こうした潔さは白鵬にはないようだが、スポーツ界を見渡せば往生際の悪いと言わざるを得ない選手が何人もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る