千代の富士はスパッと…「引き際の美学」はプロでは遺物か

公開日: 更新日:

「令和でも3年、5年を目指す」

 2日の春巡業中、こう話したのが横綱白鵬(34)だ。

 大相撲も現役寿命が延びているとはいえ、34歳は力士としては若くない。最高齢横綱は吉葉山の37歳だが、これは戦前の話だ。年6場所制となった1958年以降は栃錦と千代の富士が35歳で並んでいる。

 白鵬は昨年から2度優勝したものの、8場所中5場所を休場するなど衰えも顕著である。

 そんな白鵬とは対照的に、スパッと現役に見切りをつけたのが千代の富士だ。1991年5月場所で「体力と気力の限界」を理由に土俵を去り、ファンに惜しまれながら引退した。引退する前年の11月場所で優勝したにもかかわらず、だ。

 こうした潔さは白鵬にはないようだが、スポーツ界を見渡せば往生際の悪いと言わざるを得ない選手が何人もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る