巨人育成1位の山下航汰はミート率100%で“丸2世”の逸材

公開日: 更新日:

「そもそも育成指名というのがおかしいくらいの選手です」

 5日に支配下登録された昨年の巨人の育成ドラフト1位・山下航汰外野手(18)について、スポーツライターの安倍昌彦氏がこう言った。

 健大高崎3年時、センバツで2試合連続満塁本塁打を放つなど、高校通算75本塁打の大砲は、二軍で53試合に出場し、打率.316、3本塁打、18打点をマーク。5月は月間打率.378の好成績で、ファームでは3番を任されている。

 出色の成績だ。同期の「ドラ1トリオ」である中日・根尾(打率.171、1本、14点)、ロッテ・藤原(打率.228、3本、14点)、広島・小園(打率.193、5本、15点)を凌駕する(4日現在)。入団わずか半年での支配下登録も納得だが、そもそもこんな選手が育成指名だったのは驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る