強豪撃破し春夏通じ初甲子園 愛知代表・誉が侮れないワケ

公開日: 更新日:

 愛知は例年、私学4強が幅を利かせている。

 そのうちの愛工大名電と中京大中京を下し、29日の決勝では桜丘に8―1と快勝、春夏通じて初の甲子園出場を決めたのが小牧市にある私立校の誉だ。矢幡真也監督は「選手たちは勝つたびに力を付けていったように思う」と話した。

 この誉、全国では無名も、2014年秋、18年春の県大会で優勝。地元放送関係者によれば「バリバリの野球学校」だそうだ。

 指揮を執る矢幡監督は1972年生まれ。美濃加茂(岐阜)の投手として90年夏の甲子園に出場経験がある。その後、朝日大(岐阜)、社会人野球の阿部企業でもプレーした。一発勝負の社会人野球でもまれた高校野球の指揮官が、甲子園で実績を残した例は枚挙にいとまがない。

 メンバーの中には、かつて阪神の藤浪や巨人の小林が所属した大阪の泉北ボーイズ出身の選手が何人かいる。今年は昨春の県大会で優勝したときのレギュラーが多く残っていて、実戦経験も豊富だという。13年には専用グラウンドも完成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る