松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

厳重注意は甘すぎる プロ野球に監督適性試験を導入すべし

公開日: 更新日:

 だからね、野球の監督あたりから率先したらどうだい? ルールや指導知識の試験の前に筆記と実地の適性試験。まず筆記で「言うことを聞かない選手は鉄拳制裁も辞さず」に〇を付けたやつぁ落とす。

 次に実地試験で難しい「怠慢プレー戒め」。渾身の演技力を備えた選手役の俳優が「うっせ~なクソが!」。それへグッと拳を握り締めようもんなら、「お~、殴れるんか? 殴れるもんなら殴ってみいタコ!」と居直る悪たれ選手の肩にそっと手を掛け、「触んなパワハラ野郎!」と振りほどかれても、冷静に言葉で説得し、心を尽くしてよき方向へ導く能力を問う厳し~い実地試験。

 それに合格したぐらいで気が緩む監督もいる。現場で一度でも手を上げそうになったら、バットで野村克也を殴ったと自慢したり、あの長嶋さんから殴られたことを自慢してやまぬ張本勲のドヤ顔を黄色地に印刷した「警告カード」を当該監督のユニホームの胸に常時貼らせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  9. 9

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  10. 10

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る