全英女子OP2位で決勝Rへ 渋野日向子を待つポアナ芝の洗礼

公開日: 更新日:

【全英女子オープン】2日目

 期待を抱かせる位置にいる。

 首位に1打差の6アンダー発進の渋野日向子(20)は、2日目も好調を維持。前半にスコアを2つ伸ばし、8アンダーの首位タイに並ぶ。後半は16番で80センチのバーディーを決めて通算9アンダーでホールアウト。この時点では単独首位だった。その後、12アンダーまでスコアを伸ばしたA・ブハイに抜かれ2位となった。

「初メジャー、初海外でこの順位はできすぎ。決勝ラウンドもしっかり攻めて、来年の出場権(15位以内)はとりたい」(渋野)

 今大会のコースは、海沿いのリンクスではなく林間コース。ラフは短く、グリーンもよく止まる。距離が長くパーセーブが難しいホールもない。しかも、ここまで快晴微風。気温25度前後、湿度50%以下。日本選手9人が参戦し、6人も予選を通過できたのは「全英」らしからぬコンディションも幸いした。3日目以降も風が吹かなければ、「海外の試合は初めて」という渋野でも優勝を意識するのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る