全英女子OP2位で決勝Rへ 渋野日向子を待つポアナ芝の洗礼

公開日: 更新日:

【全英女子オープン】2日目

 期待を抱かせる位置にいる。

 首位に1打差の6アンダー発進の渋野日向子(20)は、2日目も好調を維持。前半にスコアを2つ伸ばし、8アンダーの首位タイに並ぶ。後半は16番で80センチのバーディーを決めて通算9アンダーでホールアウト。この時点では単独首位だった。その後、12アンダーまでスコアを伸ばしたA・ブハイに抜かれ2位となった。

「初メジャー、初海外でこの順位はできすぎ。決勝ラウンドもしっかり攻めて、来年の出場権(15位以内)はとりたい」(渋野)

 今大会のコースは、海沿いのリンクスではなく林間コース。ラフは短く、グリーンもよく止まる。距離が長くパーセーブが難しいホールもない。しかも、ここまで快晴微風。気温25度前後、湿度50%以下。日本選手9人が参戦し、6人も予選を通過できたのは「全英」らしからぬコンディションも幸いした。3日目以降も風が吹かなければ、「海外の試合は初めて」という渋野でも優勝を意識するのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  5. 5

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る