武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

過去の価値観や根性論を引きずる学生スポーツの時代錯誤

公開日: 更新日:

■年齢、成熟度、教育水準、育ち

 テニス、高校野球、箱根駅伝といった戦前からの学生スポーツはそのまま継続されてきた。戦前の中学生と戦後の高校生では、年齢も体の成熟度、教育水準、育ちも世間の評価もまるで違う。その中身を省略して継続回数と記録だけ横並びに比較することで、おかしな流れになった。

 夏の甲子園の岩手大会決勝で大物右腕の大船渡・佐々木朗希を登板させなかったことで議論が百出している。4回戦の投球数が194球は確かに異常だ。世界のジュニア野球では当たり前の球数制限を導入できないのは、しかし、投球数が問題ではないからだ。

 関根潤三さん(92=法大)は、自分の時代が東京六大学のピークだったという。日本の野球の頂点は東京六大学から巨人に移り、いまやその天井も抜けて大リーグへの道が整った。それをあおる一方で、過去の価値観、根性論を引きずって学生大会が運営されている。大人が答えを出さず宿題を若い肉体に預けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  4. 4

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  9. 9

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  10. 10

    安倍命、次は菅に雪崩で国民愚弄 自民党政権は下野が当然

もっと見る