八村塁だけじゃない 代表SG小川春太はMIT進学予定の超秀才

公開日: 更新日:

 日本のスポーツ界では極めて珍しい秀才が現れた。

 男子バスケットボールの代表は3日、親善試合ウィリアム・ジョーンズ・カップ(12日開幕=台湾)に向けた練習を公開。今大会は8月末開幕のW杯(中国)とは異なり、若手主体のメンバーで臨むため、大学生が半数近くを占めている。

 6月のNBAドラフトで、ワシントン・ウィザーズに1位指名された八村塁(21=ゴンザガ大)のように、米国の大学を主戦場とする選手も含まれており、18歳のシューティングガード(SG)小川春太(18)もそのひとりだ。

 米国人を父親に持つ小川はロサンゼルスで生まれ育ち、今秋には全米屈指の名門として知られるマサチューセッツ工科大(MIT)に進学する。

 196センチと米国のバスケ選手としては大柄ではないものの、抜群の身体能力とIQの高さから、日本代表首脳陣からは将来を嘱望されている。明晰な頭脳を評価され、今大会を率いるエルマン・マンドーレ・ヘッドコーチ(HC)によって、この合宿では高校までプレーしていたスモールフォワード(SF)から第2の司令塔といわれるSGにコンバートされた。日本協会に自らのプレーを収めたDVDを送って代表入りをアピールするたくましい一面も持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る