八村塁だけじゃない 代表SG小川春太はMIT進学予定の超秀才

公開日: 更新日:

 日本のスポーツ界では極めて珍しい秀才が現れた。

 男子バスケットボールの代表は3日、親善試合ウィリアム・ジョーンズ・カップ(12日開幕=台湾)に向けた練習を公開。今大会は8月末開幕のW杯(中国)とは異なり、若手主体のメンバーで臨むため、大学生が半数近くを占めている。

 6月のNBAドラフトで、ワシントン・ウィザーズに1位指名された八村塁(21=ゴンザガ大)のように、米国の大学を主戦場とする選手も含まれており、18歳のシューティングガード(SG)小川春太(18)もそのひとりだ。

 米国人を父親に持つ小川はロサンゼルスで生まれ育ち、今秋には全米屈指の名門として知られるマサチューセッツ工科大(MIT)に進学する。

 196センチと米国のバスケ選手としては大柄ではないものの、抜群の身体能力とIQの高さから、日本代表首脳陣からは将来を嘱望されている。明晰な頭脳を評価され、今大会を率いるエルマン・マンドーレ・ヘッドコーチ(HC)によって、この合宿では高校までプレーしていたスモールフォワード(SF)から第2の司令塔といわれるSGにコンバートされた。日本協会に自らのプレーを収めたDVDを送って代表入りをアピールするたくましい一面も持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る