松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

五輪のために東京湾海水総入れ替え突貫工事をやるしかない

公開日: 更新日:

 東京五輪のマラソンコースの路面温度を下げる舗装工事をすると、走る選手の顔の高さぐらいの温度は逆に上がるらしい。まるでモグラ叩き。

「マラソンはそもそも過酷な条件をいかに人間が克服できるかを競う競技だから耐えろ!」

 なんて日曜日の喝ジジイが言いそうだが、2時間以上走る選手から人死にが出ないような根本的な対策は、コースをエアコン付きトンネルにする突貫工事をやるしかない。間に合うんだろ~か……?

 陸だけじゃない。五輪でマラソンスイミングをお台場でやるにつけて、11日に五輪本番のためのテスト大会をやったら、参加選手が口々に「トイレみたいな臭いがする」。つまり、お台場の水はうんこくさいんだって。

「そもそもマラソンスイミングってのはプールとかじゃない、自然水で過酷な条件を人間がどれぐらい克服するか?というのもこの競技の目的なんだから耐えろ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る