全米OPに暗雲…錦織 体調不良で日本人対決ストレート負け

公開日: 更新日:

 男子テニスの日本人対決で波乱が起きた。

 14日のウエスタン・アンド・サザン・オープン(米シンシナティ)男子シングルス2回戦で世界ランキング5位で第6シードの錦織圭(29)が、同77位の西岡良仁(23)と対戦。セットカウント0―2のストレート負けを喫した。

 今大会は26日開幕の全米オープン前哨戦。錦織は立ち上がりから、息が上がってフットワークも乱れた。第1セット終盤にはドクターを呼んで、点鼻薬や飲み薬を服用した。第2セットに入ってもコンディションは回復せず、ツアー初対戦の西岡に大金星を献上した。

 錦織は前週のロジャーズ杯で右肘を痛めて初戦の2回戦で敗退し、今回は体調不良とコンディショニングに苦しんでいる。全米オープンでは昨年に続く準決勝進出どころか、出場すら危うくなってきた。

 女子の世界1位に復帰した大坂なおみ(21)は初戦の2回戦で同47位のアリャクサンドラ・サスノビッチ(25=ベラルーシ)を7―6、2―6、6―2で下し3回戦進出を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

もっと見る