体調万全でも厚い4強の壁 錦織4大大会制覇に足りないもの

公開日: 更新日:

 錦織圭(29=世界7位)が準々決勝までに費やした試合時間は、前回の全仏より292分も少ない511分。3回戦まですべてストレート勝ち。4回戦で1セットを落としただけと、今回はガソリンも満タン。ウィンブルドンを8回制したロジャー・フェデラー(37=同3位)に「勝てると思う」と話すなど、心身ともベストに近い状態だった。

 しかも、相手のミスにも乗じて第1セットを先取するなど最高の立ち上がり。「芝の王者」を下す条件はそろっていたにもかかわらず、終わってみれば完敗だった。

 この日のウィンブルドン男子シングルス準々決勝。錦織は第1セットこそ6―4で取ったが、その後、1―6、4―6、4―6と立て続けに3セットを奪われ、日本勢では1933年の佐藤次郎以来、86年ぶりの4強入りはならなかった。

 現地で取材するスポーツライターの武田薫氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る