甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

公開日: 更新日:

「ソフトバンクは層が厚すぎて…」

 東妻に限らず、球児たちの間で断トツの人気ナンバーワンはソフトバンク。最速152キロ右腕・津田学園(三重)の前佑囲斗が「目標にしているのは阪神の藤川球児さんです。魅力を感じるのはソフトバンク。投手を育てるのがうまいイメージがある。千賀滉大さんは育成出身で、お化けフォークはもちろん、制球もすごくいいと思います」と話せば、履正社(大阪)の4番で外野手の井上広大は「柳田さんだったり、松田さんだったり、長打を打てる選手が多いので、好きです」と言う。

 今春U18代表候補合宿で大船渡・佐々木朗希の163キロを捕球した中京学院大中京(岐阜)の正捕手・藤田健斗も、「甲斐選手が好きです。僕は身長が173センチしかないですが、甲斐選手も身長170センチでプロで活躍されている。励みになります。チームに勢いがありますし、ソフトバンクが好きという仲間は多いです」と言う。

 もっとも、近畿地方の出場校のエースは「ちょっと選手層が厚過ぎて、僕なんかが入る余地があるのか……」と、不安げ。昨年までの5年間で日本一4度。豊富な戦力で今季もリーグ首位を快走するだけに、球児にとっては現実的な意見といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る