渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

公開日: 更新日:

【NEC軽井沢72女子ゴルフ】初日

「初日のギャラリー数は5577人。まさかこれほど入るとは……」

 大会関係者が驚くのも無理はない。昨年初日のギャラリー数は3129人。今年はそれより約2500人も多い。5577人という数は昨年の最終日(5646人)とほぼ同じ。それは2週間前の全英女子オープンで優勝した渋野日向子(20)が出場しているからに他ならない。日本人選手の42年ぶりの海外メジャー制覇で「これで日本の女子ゴルフは大きく変わる。業界も活気づく」と、多くの関係者は口を揃える。そんな中、なぜか浮かない顔をしている者がいるという。

 あるツアー関係者が言う。

「女子プロのトーナメントは賞金やプロ・アマパーティー、場内外の設備や輸送、警備、駐車場等々、1大会で約4億円の経費がかかるといわれている。それだけの金を使うイベントの中で、冠スポンサーが最も重視しているのが、取引先を接待するプロ・アマ戦です。『プロ・アマ戦が無事終了すればトーナメントは終わったも同然』という者さえいます。とは言っても、テレビ中継のある週末の本戦だって人気選手同士が優勝を争って盛り上がってくれた方がいいに決まっている。ところが、利害が一致しないのが大会運営に携わる会社です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る