渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

公開日: 更新日:

【NEC軽井沢72女子ゴルフ】初日

「初日のギャラリー数は5577人。まさかこれほど入るとは……」

 大会関係者が驚くのも無理はない。昨年初日のギャラリー数は3129人。今年はそれより約2500人も多い。5577人という数は昨年の最終日(5646人)とほぼ同じ。それは2週間前の全英女子オープンで優勝した渋野日向子(20)が出場しているからに他ならない。日本人選手の42年ぶりの海外メジャー制覇で「これで日本の女子ゴルフは大きく変わる。業界も活気づく」と、多くの関係者は口を揃える。そんな中、なぜか浮かない顔をしている者がいるという。

 あるツアー関係者が言う。

「女子プロのトーナメントは賞金やプロ・アマパーティー、場内外の設備や輸送、警備、駐車場等々、1大会で約4億円の経費がかかるといわれている。それだけの金を使うイベントの中で、冠スポンサーが最も重視しているのが、取引先を接待するプロ・アマ戦です。『プロ・アマ戦が無事終了すればトーナメントは終わったも同然』という者さえいます。とは言っても、テレビ中継のある週末の本戦だって人気選手同士が優勝を争って盛り上がってくれた方がいいに決まっている。ところが、利害が一致しないのが大会運営に携わる会社です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る