広島は自力V消滅も…今季は故障者激減でライバル戦々恐々

公開日: 更新日:

 自力Vが消滅した広島。16日は先発の大瀬良がDeNAに完投勝利を収めて2位浮上も、首位巨人とは4.5ゲーム差のままで、4連覇が危ういのは変わらない。

 しかし、今季の広島は故障者が異常に少ない。ケガで長期離脱中の選手は、シーズン前の今年2月に左肘の手術をした高橋昂だけ。開幕後に故障で登録抹消されたのは、頭部死球を受けた松山(脳振とう特別措置)と中村恭(左肘痛=7月)くらいだった。球団の方針で具体的な内容を伏せる「コンディション不良」による抹消例はあるものの、明らかなケガ人はほとんどいない。

 プロ野球選手は体が資本。その体を預かる広島の石井雅也ヘッドトレーナーは、選手の意識の高さに舌を巻く。

「選手たちは少なくともアップに1時間かけます。マツダ(スタジアム)のナイターなら昼12時前にはみんな球場に入って体を動かしているし、14時ゲームでも朝早くからトレーニングルームに来て体を仕上げている。ダラダラやっているように見えても、丹念にストレッチをしている。どこの球団もやっていることだとは思いますが、カープの選手はどこよりも意識が高く、自分の体に責任を持って、丁寧にケガ防止と向き合っているなという自信があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る