連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

公開日: 更新日:

 渋野は全英Vで来季の米女子ツアーへの参戦権を得ながら、当分は国内ツアーに専念すると宣言している。英会話や食事、生活面での心配事などが短期間で解決できないことは容易に想像がつくが、「国内専念は無名の頃から応援してくれたスポンサーや所属先への配慮もあるのでは」と見ている前出の放送関係者は、その一方で、渋野の今後についてこう語る。

「横峯さくら(33)が15年から米女子ツアーに参戦したのは、ポイントが高い米ツアーで活躍し、16年リオ五輪を目指すためといわれていた。しかし、実際は14年4月にメンタルトレーナーと結婚したので日本から離れたかったようです。全国に顔が知れている人気選手ですから、どこへ行ってもファンの目がある。『さくらちゃん、サインして、一緒に写真撮って下さい』と言われるし、どんな店で何を食べていたかまでネットにあげるファンもいる。米国では有名選手ではないし、プライベートの時に声をかけてくるファンもほとんどいない。誰にも邪魔されることなく新婚生活を満喫できる。それは5年目を迎えた今も同じでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る