日本新33連続盗塁 ヤクルト山田哲“100%成功”の極意明かす

公開日: 更新日:

 確固たる「盗塁哲学」があるという。

 ヤクルト山田哲人(27)が23日の阪神戦で二盗を決め、昨季から33連続の盗塁成功となり、日本新記録を樹立した。

 昨年、史上初の3度のトリプルスリーを達成。3度の盗塁王を獲得している山田に、スタートを切るときの意識について聞くと、こう言った。

「キャッチャーはまったく気にしない。ほぼ無視です。意識しているのは投手の表情、牽制、クイックくらい。そこを見ていれば、(次の塁に)行けるタイミングが分かる。そこさえ見極められれば、キャッチャーの肩が強くても、(バッテリーが)ウエストしても関係ない」

 山田はやみくもに走らない。ベンチのサインがなくても盗塁できる「グリーンライト」を認められているものの、たとえトリプルスリーの記録がかかっていても、「ただ走っても意味がない」と冷静だ。1番や3番など打線の中核を任されているからこそ、盗塁失敗で走者がひとり減るリスクを心得ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る