燕・山田 イチローを上回る日本記録32連続盗塁成功の秘訣

公開日: 更新日:

「メジャーでも、この走塁技術が高く評価されています」

 米球界関係者がこう言うのは、21日の広島戦で今季27個目の盗塁(二盗)を決めたヤクルト山田哲人(27)。昨季から32連続の盗塁成功となり、ソフトバンク・福田が持つ日本記録に並んだ。

 盗塁成功率100%を継続しながら、これで盗塁数も大島(中日)に次いでリーグ2位。過去に成功率100%で盗塁王のタイトルを獲得した選手はいないという。昨年は史上初の3度目のトリプルスリーを達成しているだけに、今年も前人未到の記録に期待がかかる。

 山田の通算盗塁数は162個。数では福本豊(阪急=1065個)ら先人の記録には及ばないが、成功率に限ってはプロ野球史上最高の.885(成功162、失敗21=150盗塁以上)。あのイチローオリックス時代は成功199、失敗33の.858、メジャー時代は成功509、失敗117の.813)を上回り、歴代2位の日本ハム西川遥輝の.865(成功244、失敗38)を引き離す驚異的な数字だ。

「山田は投手との間合いの取り方がうまく、スタートの反応も抜群にいい。スライディング技術にもたけている。そして、恐れず次の塁を狙う意欲が高い。これが成功の秘訣でしょう」

 とは、ヤクルトOBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る