サニブラウン“復帰戦”で10秒05 スタート失敗も桐生制し3位

公開日: 更新日:

 陸上の国際大会「ミーティング・マドリード」が25日(日本時間26日未明)に行われ、男子100メートル決勝(追い風1.6メートル)でサニブラウン・ハキーム(20=米フロリダ大)が10秒05の3位、桐生祥秀(23=日本生命)は10秒08で4位だった。

 自己ベスト9秒台同士(サニブラウン9秒97、桐生9秒98)の今季2度目の対決は、日本記録保持者に軍配が上った。

 サニブラウンは、スタートに失敗し、リアクションタイムは出場8人中最下位の0.154秒。桐生にも0.021秒差をつけられた。課題とされるスタートでつまずいたものの、中盤すぎには加速し、2015年世界選手権5位のロジャース(米国=9秒97)らに次いで3位に入った。

 背筋や太ももの痛みで7月のダイヤモンドリーグを欠場したサニブラウンは「勝てるレースだったので課題はあるが、復帰戦としては悪くない。いい流れでいければ」と、9月開幕の世界選手権(ドーハ)に向けて前向きな姿勢を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る