サニブラウンのライバルがドーピング違反で2年間資格停止

公開日: 更新日:

 東京五輪陸上男子100メートルの優勝候補が、スタート位置にすら立てないという。

 2017年世界選手権(ロンドン)銀メダルのクリスチャン・コールマン(23=米国)が、ドーピング違反による2年間の資格停止処分を科され、今年の世界選手権(9月=ドーハ)、来年の東京五輪に出場できない可能性があるというのだ。

 AP通信によれば、コールマンはドーピング検査の一種である居場所情報の開示を1年間で3度怠った。

 米国反ドーピング機関(USADA)から、悪質な検査逃れと判断され、禁止薬物使用と同等の扱いを受けたとみられる。

 コールマンは100メートル9秒79の自己ベストを持ち、6月のダイヤモンドリーグ第7戦(米カリフォルニア州)では今季世界最高の9秒81をマークした。

 トップスプリンターの自滅は、日本記録(9秒97)保持者サニブラウンに追い風か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る