山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

鳥谷への不細工な引退勧告 私はこのゴタゴタは忘れない

公開日: 更新日:

 鳥谷敬が今季限りで阪神を退団することになった。現役続行を望む鳥谷に対して阪神側から戦力外通告および引退勧告を行ったという。早稲田大学から鳴り物入りのドラフト希望枠で阪神に入団して16年。その間、2度のリーグ優勝に貢献し、2000安打も達成した大功労者が、球団から縦縞のユニホームを奪われるかたちとなった。

 当然、虎党の私としては寂しいやら腹立たしいやら、とにかくネガティブな感情しかわいてこない。いくら衰えたといっても、さすがに引退勧告はまだ早すぎる。5年総額25億円とも推測される大型契約は今年で切れるのだから、鳥谷が現役を望むなら、たとえば年俸3000万円程度で受け入れる手もあっただろう。一部報道で谷本球団副社長も言っていたように、彼は「自分で出処進退を決められる数少ないプレーヤー」のはずだ。

 それに既視感たっぷりのこのパターンにもいいかげん飽き飽きだ。昨年の金本知憲監督電撃解任や2009年の赤星憲広への引退勧告など、どうして阪神という球団は偉大な功労者の引き際をきれいに“演出”できないのか。かつての今岡誠も晩年は阪神を戦力外となり、ロッテに移籍した。古くは掛布雅之岡田彰布も不遇な最後だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る