佐々木裕介
著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

カズ&俊輔“93歳コンビ”を脇役に追いやった若手世代の躍動

公開日: 更新日:

 2018年7月11日の天皇杯3回戦。横浜・三ツ沢球技場では、この日(8月14日)と同じ横浜ダービーが行われていた。ハイライト映像から場の白熱具合を感じ取り、現場へ行くのを拒んだ自分を悔やんだことを良く憶えている。同じ過ちは繰り返すまい。今年は迷わず足が横浜に向いていた。

 幼少期から何度も来ている三ツ沢だが、こんなにも浜風が心地良く感じた記憶はない。湿気はあるが、スタジアムを包むダービー特有の雰囲気がフィルターとなり、そう感じさせたのかも知れない。来て良かったと実感した。

 リーグ戦では実現し得ない天皇杯でのダービーマッチに、チケットは完売、入場を待つ列の最後尾は見えないほど。J1の横浜F・マリノス。J2の横浜FC。ステージは違えども好調同士の対戦だ。お盆休暇も重なってファンの会場入りは早かった。

《いま始まる 歴史塗り替えろ 今日この場所で この空の下 かまわねえ 突き進め どこまでも》 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    歴史を捏造するアベの後継は「なかったこと」にする最低男

  5. 5

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  6. 6

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  7. 7

    小此木防災相 コワモテ3世の三原じゅん子と野田聖子との仲

  8. 8

    平手脱退から10カ月「欅坂→櫻坂」改名特需後はどうなる?

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

もっと見る