10代で史上初本塁打王を狙う燕・村上「勝利打点」の価値

公開日: 更新日:

 28日は6打数1安打だったものの、もっか31本塁打(リーグ3位タイ)、86打点(同1位タイ)と活躍中のヤクルト村上(19)。高卒2年目以内の限定記録とはいえ、清原(西武)が1986年の1年目にマークした31本、さらに53年に2年目の中西太(西鉄)が記録した86打点と、大先輩たちが残した数字に肩を並べている。

 一方、村上の記録の価値を疑う向きもある。清原は1年目からチームの日本一に貢献。それに比べ、今のヤクルトは大差の最下位。さらに村上は首位を独走する巨人からは、球団別最少の2本のホームランしか打っていない(パを除く)。村上の記録にケチをつけるつもりはないが、野球はあくまでチームスポーツ。その意味で、村上の打撃はどれほどチームに貢献しているのだろうか。

 その指標のひとつになるのが「勝利打点」だ。試合の勝敗を決めた一打の数は、かつて個人タイトルにも数えられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る