白鵬が日本国籍取得 大相撲“モンゴル化”に協会は戦々恐々

公開日: 更新日:

 野望のための第一歩を踏み出した。

 3日、横綱白鵬(34)が日本国籍を取得したことが、この日の官報で告示された。かねて引退後は角界に残ることを希望していたが、親方になるには日本国籍の取得が条件。その資格をようやく手に入れたことになる。

「日本人として恥じないように。18年、相撲一筋でやってきたことが今日につながった」

 と話した白鵬。これに戦々恐々としているのが相撲協会だ。

 ただでさえ白鵬は「もの言う」力士。それが親方になれば、いよいよ発言に拍車がかかる。すでに「巡業が多く、力士に負担になっている」などと、“角界改革”に積極的だ。

 そんな白鵬の持論のひとつが「外国人枠の撤廃」である。現在、外国籍の力士は1部屋1人と決められている。モンゴルには有望な少年たちが多く、彼らのために門戸を広げたい……というのが白鵬の考えなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る