永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

攻撃回数上回るも大敗…露呈した“ジェイミーHC流”の限界

公開日: 更新日:

 6日の南アフリカ戦で日本はどう戦ったのか。

 試合のスタッツを見ると、日本は意外に健闘している。起点よりも前にボールを運んだ攻撃回数を表す「ゲインラインサクセス」は、日本が54で南アが27。つまり、日本は、南アの倍以上も有効なアタックを仕掛けていたのだ。

 それにもかかわらず、トライ数は1対6。

 これはボールを継続して攻める日本に対して、南アがすぐに次の防御に備えるカバーディフェンスに徹し、決定的なチャンスをつくらせなかったことを意味している。

■福岡の負傷退場

 同時に、日本のアタックも、防御を完全に引きつけて、最後にノーマークの選手にボールを託すまでには至らなかった。足が速いだけではなく、パスの能力や相手防御にスペースを見いだす能力に秀でた福岡堅樹が前半早々に負傷で退いたことも大きく影響した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る