永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

攻撃回数上回るも大敗…露呈した“ジェイミーHC流”の限界

公開日: 更新日:

 6日の南アフリカ戦で日本はどう戦ったのか。

 試合のスタッツを見ると、日本は意外に健闘している。起点よりも前にボールを運んだ攻撃回数を表す「ゲインラインサクセス」は、日本が54で南アが27。つまり、日本は、南アの倍以上も有効なアタックを仕掛けていたのだ。

 それにもかかわらず、トライ数は1対6。

 これはボールを継続して攻める日本に対して、南アがすぐに次の防御に備えるカバーディフェンスに徹し、決定的なチャンスをつくらせなかったことを意味している。

■福岡の負傷退場

 同時に、日本のアタックも、防御を完全に引きつけて、最後にノーマークの選手にボールを託すまでには至らなかった。足が速いだけではなく、パスの能力や相手防御にスペースを見いだす能力に秀でた福岡堅樹が前半早々に負傷で退いたことも大きく影響した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る