南アに完敗し負傷者続出…日本ラグビーW杯8強に早くも暗雲

公開日: 更新日:

 20日開幕のラグビーW杯。大会前最後のテストマッチとなった南アフリカ戦(熊谷)は、試合前に想定された〈最悪の事態〉のオンパレードとなった。まずは「主軸がケガをする」である。

 開始早々、WTB福岡堅樹(27)が、プレーに関与していない場面で右足を痛め、ピッチにあぐらをかいて呆然自失。そのままベンチに下がって試合後は松葉杖姿だ。

 後半6分には、ナンバー8のマフィが相手のタックルを受けて倒れ、起き上がった時には左手で右肩を〈固定するようにしながら〉しかめっ面を浮かべてベンチ送りである。

 試合自体も南アがフィジカルの強さ、要所でトライを確実に決める総合力の高さを存分に見せつけたわけだが、優勝候補の南ア相手に7―41の完敗劇は驚くべきスコアではない。それよりも、2015年イングランドW杯での成功体験が、今回のテストマッチで消え去り、日本代表には大きなマイナスとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る