南アに完敗し負傷者続出…日本ラグビーW杯8強に早くも暗雲

公開日: 更新日:

 20日開幕のラグビーW杯。大会前最後のテストマッチとなった南アフリカ戦(熊谷)は、試合前に想定された〈最悪の事態〉のオンパレードとなった。まずは「主軸がケガをする」である。

 開始早々、WTB福岡堅樹(27)が、プレーに関与していない場面で右足を痛め、ピッチにあぐらをかいて呆然自失。そのままベンチに下がって試合後は松葉杖姿だ。

 後半6分には、ナンバー8のマフィが相手のタックルを受けて倒れ、起き上がった時には左手で右肩を〈固定するようにしながら〉しかめっ面を浮かべてベンチ送りである。

 試合自体も南アがフィジカルの強さ、要所でトライを確実に決める総合力の高さを存分に見せつけたわけだが、優勝候補の南ア相手に7―41の完敗劇は驚くべきスコアではない。それよりも、2015年イングランドW杯での成功体験が、今回のテストマッチで消え去り、日本代表には大きなマイナスとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る