永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

W杯ではその国が独自に築いた「ラグビー文化」が問われる

公開日: 更新日:

 ラグビーのプロ化は、1995年のW杯終了後に突然やってきた。

 長くアマチュアリズム堅守の立場を取ってきた国際ラグビーボード(IRB)が「オープン化」を宣言。南半球では翌96年に、現在のスーパーラグビーの原型であるスーパー12がスタートした。世界は一気にプロ化に舵を切ったのだ。

 しかし、日本はアマチュアにとどまった。選手が企業に雇用されてラグビーに打ち込む社会人ラグビーが、海外から「本当にアマチュアなのか?」と疑われていたにもかかわらず、だ。

 これで、世界の潮流から完全に取り残された。

 96年には代表強化のためにパシフィック・リム選手権を創設。アメリカ、カナダ、香港とホーム&アウェーで戦ったが、アマチュアである選手を長期間の合宿で強化することもできず、結局、最下位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る