永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

世界1位アイルランド戦はプレーの精度が厳しく問われる

公開日: 更新日:

 日本にとって真価が問われるのが、28日午後4時15分キックオフのアイルランド戦(静岡)だ。

 アイルランドは、直近の世界ランキングで史上初めて1位に躍り出た。

 ジョー・シュミットHC(ヘッドコーチ)は「この肩書は日本(のW杯)では何の意味も持たない」と、ランキングよりもW杯での戦いに目を向ける。発言の背景には、彼らがまだW杯で一度もベスト4に進出したことがないという歴史がある。実際、前回大会でも優勝候補の一角に挙げられながら、司令塔のジョナサン・セクストンとキャプテンのポール・オコンネルが1次リーグ最終戦で負傷して戦線を離脱し、準々決勝でアルゼンチンに敗れている。

 W杯で結果を残せないという、不名誉な特徴を持ったチームなのだ。

 しかし、こうした“ジンクス”は準々決勝以降の話。日本が、この4年間にあのオールブラックスを2回倒した〈世界最強チーム〉に挑むことに変わりはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る