ラグビーW杯強豪ウェールズ代表コーチ 賭博規則違反で帰国

公開日: 更新日:

 ラグビーW杯開幕が目前に迫る中、強豪国がスキャンダルである。

 世界ランキング5位で、今大会の上位進出が有力視されるウェールズのロブ・ハウリー・アシスタントコーチ(48)が、国際統括団体ワールドラグビーの賭博規則に違反した疑惑が浮上して、開幕前に帰国を命じられたという。複数の英メディアが17日に伝えている。

 具体的な事実関係などは明らかにされておらず、ウェールズ・ラグビー協会はハウリー氏に代わり、ステファン・ジョーンズ氏(41)をアタックコーチに据えた。

 同協会は「ハウリーは調査に協力するために、ウェールズに戻ったことを確認した。現段階でこれ以上の詳細は明らかにできない」との声明を出した。

 英メディアによれば、ハウリー氏は今大会終了後、イタリア代表のヘッドコーチ就任が確実視されていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る