永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

ベスト8をかけた大一番は難敵・スコットランドとの最終戦

公開日: 更新日:

 10月に入ると、いよいよ日本にとって命運をかけた戦いが始まる。まず5日にサモアとの対戦が待っている(豊田=午後7時30分キックオフ)。

 サモアとは前回大会でも対戦。周到な準備が功を奏して26―5と快勝した。しかし、前半を20―0と大きくリードしながら、身体能力の高い選手を揃えたサモアの攻撃力を警戒。後半も五郎丸歩のPGで慎重に3点ずつ刻み、4トライ以上挙げれば獲得できるボーナスポイントを取り損ねた。

 一見、消極的な戦い方のようだが、日本は後半24分にサモアに一気に走られてトライを奪われている。リスクを回避して正解だったのだ。

 今回は、サモアが協会の財政難から継続的な強化を積み上げられず、初めて日本有利の下馬評で対戦を迎える。しかも、直前の強化試合で主力の9番スコット・マロルアが負傷で離脱するなど、アクシデントに見舞われた。おまけに30日にはスコットランドとの対戦が予定され、日本戦までの間隔は中4日。状況的には日本が断然有利だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る