山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

近本も梅野も…侍Jに一人も選ばれない「阪神の七難」

公開日: 更新日:

 阪神がCSファーストSでDeNAを倒し、巨人とのCSファイナルS進出を決めた。

 今季の阪神はAクラスの3位に滑り込み、CSでもそれなりに盛り上がっているものの、チームとしての課題は改善されないままだ。

 盛り上がりに水を差すのは承知の上だが、あえて書いておきたい。その課題を端的に示したのが、先日発表された侍ジャパンの新メンバーだ。その28人の中に阪神の選手は一人も選ばれなかった。関西では大人気のルーキー・近本光司や正捕手の梅野隆太郎も侍ジャパンからは声がかからず、鉄壁と評される中継ぎ投手陣からも誰一人招集されなかった。

 もちろん、福留孝介糸井嘉男藤川球児といった、かつての侍ジャパンを支えたベテランの大選手はいる。だけど、福留と糸井はそもそも生え抜きではない。本当は打の大山悠輔や投の藤浪晋太郎あたりが「選ばれるだけの選手」になっていてほしかったが、それもかなわなかった。今の阪神には球界を代表する選手が一人もいないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る