世陸金の鈴木が悲鳴…五輪競歩「19時開始」を陸連顧問提言

公開日: 更新日:

■日差しがなければ…

「帰国した鈴木とは電話で話した。しっかり充電して内臓の検査をしなさいと言った。過酷なレースだったことはテレビでも十分にわかった。50キロの終盤5キロぐらいはスポーツと呼べるものではない。近日中に鈴木と今村(文男)五輪強化コーチに詳しく話を聞いてみるつもりだ。東京五輪の50キロ競歩は皇居前の2キロの周回コースを25周(20キロは1キロ周回)する。鈴木と山西はこの日、揃って『日差しを遮って欲しい』と口を揃えた。男子50キロ(8月8日)のスタートは早朝5時30分だ。全員がゴールするまでは4時間を超える。その頃は気温も30度以上で日差しもある。鈴木は8月の北海道合宿でコース変更を求めたが、おそらくかなわないだろう。競技審判や運営スタッフ、ボランティアや観客のことを考えれば、スタート時間をこれ以上繰り上げるのは無理だ。ならば、日が落ちた午後7時にスタートすればいい。湿度が高くても、日差しがないだけでかなり楽になる。観客も同じだ。ナイターレースは周囲が暗いので警備上の問題はあろうが、選手の体が第一だ。午後7時開始なら、マイナーで人気がないと言われる競歩のテレビ中継を見る人も増えるはずだ」

 そもそも、「命に危険が及ぶ暑さ」が続く真夏の東京で、オリンピックを開催すること自体に無理がある。選手の身を守るためにできることは可能な限り行うべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  7. 7

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る