「小柄なワークホース」J・グレイが8強入りに立ちはだかる

公開日: 更新日:

ジョニー・グレイ(ロック・25歳)

 まさにFWの屋台骨である。

 身長2メートル超の長身選手が務めるロックにしては199センチとやや小柄だが、ラインアウトでの安定したキャッチングと相手フォワードの突進を食い止める激しいタックルは「馬車馬のような働きぶり」と評される。

 代表デビューは2013年秋のスプリングボクス(南アフリカ)戦。同じロックで兄のリッチー(30)に代わって後半から起用されて初キャップを獲得し、翌14年のアルゼンチンとのテストマッチで定位置を確保した。体を張った献身的なディフェンスはグレガー・タウンゼントHC(ヘッドコーチ)から高く評価され、18年には同国のFWで初めて通算100回のタックル成功数をマークした。

■ラインアウトの安定、激しいタックル、豊富な運動量

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る