いとうやまね
著者のコラム一覧
いとうやまねコラムニスト

サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなどのコラムニスト。取材・構成・ライティングを担当した土肥美智子著「サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡」が好評発売中。

チャールズ皇太子はラグビー嫌い? 曲がった鼻に秘密が

公開日: 更新日:

 英国ロイヤルファミリーが「W杯にいらっしゃるのでは?」と、前から話題になっていた。

 英国王室は、昔からラグビーユニオンと関係が深い。

 現女王のエリザベス2世は、1952年からウェールズ、イングランドのパトロンを務めている。90歳を迎えるに当たり、2016年に孫である2人の王子と名誉職を交代された。それまでは、スタジアムにもよく足を運ばれていたようだ。

 ウェールズのパトロンを引き継がれたのは、結婚してケンブリッジ公爵と称されているウィリアム王子。イングランドを継がれたのは弟君のヘンリー王子。こちらも現在はサセックス公爵である。

■英国ロイヤルファミリーの役割分担

 ヘンリー王子は2015年、イングランド大会の開会式で、ちょっとしたサプライズを提供された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

もっと見る