いとうやまね
著者のコラム一覧
いとうやまねコラムニスト

サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなどのコラムニスト。取材・構成・ライティングを担当した土肥美智子著「サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡」が好評発売中。

チャールズ皇太子はラグビー嫌い? 曲がった鼻に秘密が

公開日: 更新日:

 英国ロイヤルファミリーが「W杯にいらっしゃるのでは?」と、前から話題になっていた。

 英国王室は、昔からラグビーユニオンと関係が深い。

 現女王のエリザベス2世は、1952年からウェールズ、イングランドのパトロンを務めている。90歳を迎えるに当たり、2016年に孫である2人の王子と名誉職を交代された。それまでは、スタジアムにもよく足を運ばれていたようだ。

 ウェールズのパトロンを引き継がれたのは、結婚してケンブリッジ公爵と称されているウィリアム王子。イングランドを継がれたのは弟君のヘンリー王子。こちらも現在はサセックス公爵である。

■英国ロイヤルファミリーの役割分担

 ヘンリー王子は2015年、イングランド大会の開会式で、ちょっとしたサプライズを提供された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る