いとうやまね
著者のコラム一覧
いとうやまねコラムニスト

サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなどのコラムニスト。取材・構成・ライティングを担当した土肥美智子著「サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡」が好評発売中。

豪州ファンの必需品は「ビニールワラビー」と「マチルダ」

公開日: 更新日:

 多くの代表チームは国旗の色をジャージー(ユニホーム)に使っているが、ナショナルカラーを別に持っている国は、そちらを使う場合がある。

 たとえばイタリア国旗は「緑・白・赤」の三色旗だが、選手たちが着ているのは「空色(アズーリ)」だ。オーストラリア代表も、国旗とは似ても似つかない「黄色と緑」を身に着けている。正確には「グリーンとゴールド」。1984年に正式に法律で定められたナショナルカラーで国花「ゴールデンワトル(ミモザ)」の花と葉をイメージしているとか。オーストラリア大陸には世界中のゴールデンワトルの実に50%が生えている。開花シーズンには、国中が真っ黄色になる。

 オーストラリア代表ファンがよく客席で肩車しているのが、ビニール素材の「ワラビー」。子供用の浮輪である。本物のワラビーは、カンガルー科の小型動物で、見た目はカンガルーと変わらない。顔はほんの少しだけ優しい。代表チームの愛称は、そのまま「ワラビーズ」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る