佐々木に3球団公言 恩師は「1年目から1軍いける」の太鼓判

公開日: 更新日:

 いったい育成にどれくらいの年数が必要なのか……。

 17日、ドラフト会議を迎える佐々木朗希(大船渡)を巡って、こんな声がかまびすしい。

 今年4月、U18選考合宿で最速163キロをマーク。その後、骨密度を測定した際に、今はまだ球速に耐えられる骨、筋肉、靱帯、関節ではないと判明したという。岩手大会の決勝は、故障リスクを考慮して登板を回避。甲子園出場が夢と消え、チーム内外で賛否の声が上がった。

 各球団は10月、佐々木と面談するにあたり、それぞれが「育成プラン」を練り、これをプレゼンしている。

 体づくりはプロ入り後の大きな課題。甲子園に出場しておらず、大舞台の経験も多くない。1位を公言した西武、日本ハム、ロッテも1年目から大卒、社会人並みにバリバリの即戦力として投げられるとは想定していないはずだ。その一方で、「1年目から投げられる」と太鼓判を押す関係者もいる。誰あろう、恩師である国保陽平監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る