佐々木に3球団公言 恩師は「1年目から1軍いける」の太鼓判

公開日: 更新日:

 いったい育成にどれくらいの年数が必要なのか……。

 17日、ドラフト会議を迎える佐々木朗希(大船渡)を巡って、こんな声がかまびすしい。

 今年4月、U18選考合宿で最速163キロをマーク。その後、骨密度を測定した際に、今はまだ球速に耐えられる骨、筋肉、靱帯、関節ではないと判明したという。岩手大会の決勝は、故障リスクを考慮して登板を回避。甲子園出場が夢と消え、チーム内外で賛否の声が上がった。

 各球団は10月、佐々木と面談するにあたり、それぞれが「育成プラン」を練り、これをプレゼンしている。

 体づくりはプロ入り後の大きな課題。甲子園に出場しておらず、大舞台の経験も多くない。1位を公言した西武日本ハムロッテも1年目から大卒、社会人並みにバリバリの即戦力として投げられるとは想定していないはずだ。その一方で、「1年目から投げられる」と太鼓判を押す関係者もいる。誰あろう、恩師である国保陽平監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る