佐々木ドラ1指名球団が背負う「ポスティング容認」の覚悟

公開日: 更新日:

 運命のドラフトまであと1日に迫った。

 最大の注目を集める佐々木朗希(大船渡)は、去る2日の進路表明会見で「12球団どこでも頑張りたいと思います」と話し、メジャー挑戦については「今はあまり考えられない。日本で頑張りたいです」と、国内のプロ入りを希望した。

 佐々木の成長曲線はいたって緩やかだ。プロ入りを意識し始めたのは高校1年の冬。中学時代はずっと、ケガに悩まされた。ケタ外れの潜在能力はあったとはいえ、プロ野球が現実的な目標になってから、2年も経っていない。プロ入り後は、「しっかり体づくりをしたい」と話しているように、プロ野球選手としてバリバリ活躍できるまで、時間がかかることは本人も理解している。

 さる地元マスコミ関係者はこう言った。

「今はあくまで日本のプロ野球で活躍することが大目標ですが、将来的にはより高いステージでプレーしたいという思いはある。大船渡の国保監督は米球界でのプレー経験があり、米球界の育成スタイルをお手本にしている。以前は佐々木に高校からのメジャー挑戦を勧めたこともあったそうですが、本人が日本でまずは結果を残したい、と慎重な姿勢を崩さなかった。今は筋力も体力も、メジャーに挑戦できるレベルに達していないという自覚があるからです。プロ入りして数年後に体が完成し、一定の結果を残せるようになった段階で、夢を追うことになるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

もっと見る