体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

公開日: 更新日:

「40歳まで野球をやりたいです」

 3日、大船渡の佐々木朗希(3年)は、母・陽子さん、国保監督、そして吉田部長と計4人でヤクルトロッテとの面談に臨んだ。佐々木本人はロッテとの面談で、冒頭のように伝えたという。

 佐々木が終始気にかけていたのは、練習環境についてだった。面談した2球団に対し、練習施設のことを中心に質問。ヤクルトの斉藤スカウトは、「(寮の横にある)室内練習場は何時でも使えるのですか? という質問があった」と明かせば、ロッテの永野チーフスカウトも「練習施設のことを中心に質問があった」と話した。

 二軍寮や室内練習場の設備、二軍寮と一軍球場との距離、さらには球団ごとの育成プランについて、熱心に耳を傾けていたという。

 ロッテの永野チーフスカウトは、「高校生なので、体力について誰もが課題。そこをクリアしていければ日本を代表する投手になる。来年どうのこうのというより、体づくりがまずは大事で、体が一番。急に投げさせるということではなく、国保監督がやってきた育成スタイルを継続するような形になっていると説明した」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  10. 10

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

もっと見る