体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

公開日: 更新日:

「40歳まで野球をやりたいです」

 3日、大船渡の佐々木朗希(3年)は、母・陽子さん、国保監督、そして吉田部長と計4人でヤクルトとロッテとの面談に臨んだ。佐々木本人はロッテとの面談で、冒頭のように伝えたという。

 佐々木が終始気にかけていたのは、練習環境についてだった。面談した2球団に対し、練習施設のことを中心に質問。ヤクルトの斉藤スカウトは、「(寮の横にある)室内練習場は何時でも使えるのですか? という質問があった」と明かせば、ロッテの永野チーフスカウトも「練習施設のことを中心に質問があった」と話した。

 二軍寮や室内練習場の設備、二軍寮と一軍球場との距離、さらには球団ごとの育成プランについて、熱心に耳を傾けていたという。

 ロッテの永野チーフスカウトは、「高校生なので、体力について誰もが課題。そこをクリアしていければ日本を代表する投手になる。来年どうのこうのというより、体づくりがまずは大事で、体が一番。急に投げさせるということではなく、国保監督がやってきた育成スタイルを継続するような形になっていると説明した」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る