“単独3位狙い”C・キムにVさらわれ…日本人プロの深刻劣化

公開日: 更新日:

【日本オープン】最終日

 あっけない幕切れだった。

 最終日はツアー未勝利の塩見好輝(29)が、前日の残りを消化して2位に4打差をつける通算3アンダー単独首位発進。「平常心を保つことが出来たらコースに勝てる」と、14番まで首位キープ。

 ところが終盤4ホールで1ボギー、2トリプルボギーと崩れて通算5オーバー10位に終わった。

 塩見に代わってイーブンパーの堀川未来夢(26)が単独首位に躍り出たが、17番、18番の連続ボギーで通算2オーバー2位フィニッシュ。

 そして、「単独3位を狙っていた」C・キム(29)が最終18番でバーディーを決めて通算1オーバー。8打差の逆転優勝が転がり込んだ。

「日本オープンが難しい設定なのはよくわかるが、今回は簡単にボギーをたたいてしまう日本人プロの技術やメンタルの低さが見事に露呈した。日本ゴルフツアー機構も大会スポンサーも強い選手を育ててこなかったのが原因であり、これでは男子ツアーの人気はますます低下してしまう」(評論家・宮崎紘一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  6. 6

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  9. 9

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  10. 10

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る