15日皆勤は貴景勝のみ 虚弱大関をのさばらせる“大甘制度”

公開日: 更新日:

 まさに大相撲の空洞化である。

 上位力士が次々に離脱した11月場所。初日に横綱鶴竜が腰を痛めて、いきなり休場すると、大関豪栄道も同日の取組で左足首靱帯を負傷し、2日目に休場届を出した。さらに、5日目は関脇栃ノ心、8日目は大関高安もケガで休場した。

 まさに看板倒れ、チケットを半額にしてもいいくらいの上位陣の体たらく。中でも近年目立つのが、大関陣の不甲斐なさだ。豪栄道は来年1月場所で歴代3位となる9度目のカド番。千代大海(現九重親方)の最多記録14回を抜く可能性も十分にある。

 ここ最近は「大関特例」も乱発されている。大関は陥落した翌場所のみ、10勝以上で元の地位に復帰できるという制度がある。今場所がカド番だった高安は、来年1月場所で関脇への転落が決定。この特例で復帰を目指すが、「またか」と思ったファンも多いのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る