日本はビーチW杯4位…ラモス監督は選手のメンタル面を指摘

公開日: 更新日:

 ラモス瑠偉監督率いるビーチサッカー日本代表が、メダル獲得を目前にしながら力尽きた。パラグアイで開催されたビーチサッカーワールドカップの3位決定戦(日本時間2日午前4時15分キックオフ)でロシアに4ー5の逆転負けを喫し、4位に終わったのだ。

 第1ピリオドの4分に日本が先制した。

 左サイドのルーズボールにFPオズが猛然とダッシュ。ほぼ同時にボールに触ったロシア選手をぶっ飛ばしながらゴール前に進み、右サイドにパス。それをFP赤熊がダイレクトで叩き込んだ。

 その後はロシアの反撃にあって7分42秒、7分56秒と連続失点。それでも2失点目の3秒後にFP赤熊が左サイドから走り込んで強烈ヘディングシュート。同点に追い付いた。そして第1ピリオド終了前には、FPオズが相手のファウルを誘発してFKをゲット。力強い助走から右足を強振するとボールはゴール左にズドンと突き刺さった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る