米球団と交渉解禁 広島・菊池涼介に“守備職人”ゆえの壁が

公開日: 更新日:

「ニンジャ(忍者)」の異名をとる広島菊池涼介(29)の米球団との交渉が解禁になった。

 3日、広島の鈴木球団本部長がポスティングの手続きが完了したことを明らかにした。これにより譲渡金を払う意思のあるメジャー球団は、菊池サイドと自由に交渉できる。

 菊池の最大の武器は二塁手としての守り。異名が示す通り、ときにアクロバチックな動きでピンチを救う。打撃面はパンチ力不足という評価も、2013年から7年連続でゴールデングラブ賞を受賞した守備力はメジャースカウトたちの間でも折り紙付き。米メディアによればナショナルズ、アスレチックス、ダイヤモンドバックスなどが興味を持っているといわれるが、メジャーでは守備職人にとっての壁が存在するという。

「シフトですよ」と西海岸球団のスカウトがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  5. 5

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る