ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

公開日: 更新日:

 10日、初の契約交渉に臨んだソフトバンク甲斐野央(23)が、3500万円増の年俸5000万円でサインした。

 東洋大からドラフト1位で入団した今季は、65試合に登板して2勝5敗8セーブ、26ホールド。不動のセットアッパーとしてチームの日本一に大きく貢献し、侍ジャパンの一員としてプレミア12でも好救援を見せた。

 今季は同じ東洋大でしのぎを削り、「三羽烏」と称されたDeNA1位の上茶谷大河中日2位の梅津晃大も一軍で活躍。2人はすでに契約更改を終え、25試合に登板して7勝6敗(防御率3・96)の上茶谷が2800万円増の4300万円、6試合登板で4勝1敗(同2・34)の梅津が300万円増の1500万円でそれぞれサイン。プロでの出世争いは甲斐野が一歩リードした格好だが、そこへ思わぬ伏兵が割って入ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る