剛柔備わるプロクライマー 野口啓代を支える「3つの武器」

公開日: 更新日:

スポーツクライミング女子複合・野口啓代(30)

スポーツクライミングはまだ競技としては未熟な面もある。その中で、野口選手は唯一、プロフェッショナルなマインドを持っているクライマーではないでしょうか」

 こう話すのは、クライミングジャーナリストの植田幹也氏だ。

 小学校5年時の家族旅行で訪れた米グアムでフリークライミングを体験。以来、クライミングに魅せられ、W杯優勝21回の実績は現役選手の中では世界最多を誇る。

 スポーツクライミングは3つの種目の複合。タイムを競う「スピード」、4分以内に難しいコースの完登回数を競う「ボルダリング」、6分以内に登った高さを競う「リード」がある。

 植田氏が言う。

「野口選手の特長はおおまかに3つ。1つは経験に裏打ちされたミスの少なさと勝負度胸。2つ目は恵まれた体格です。クライミングは一般的にある程度の身長とリーチがあれば有利とされる。野口選手は165センチと、世界を見渡しても体格で引けを取らない。3つ目は剛柔備えた登りです。とにかく体が柔軟で、開脚やかかとを使った『ヒールフック』といった足技は大きな武器。その発想力は海外でも『Akiyo Style』と呼ばれているほどです。さらに指の力が他の選手に比べてずぬけており、真正面からの力強い王道クライミングも得意です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る