ヤクルト奥川の右肘炎症は吉 投球禁止調整もデータが証明

公開日: 更新日:

 16日、ヤクルト1位の奥川恭伸(星稜)が右肘に軽い炎症があるため、炎症がなくなるまでノースローで調整することになった。奥川は「自分と球団の人と話し合って決めたことなので、ゆっくりやっていこうと思う。自分の弱いところである体幹や可動域を広げるということに取り組めるので、プラスに捉え、体を強くしたい」と、前向きに話した。

 この日、新人合同自主トレを視察した小川GMが「ドラフト後の11月にメディカルチェックをした際に右肘に軽い炎症があった。15日に再検査をし、軽くなっているものの、まだ残っている状態なので今日からノースローということになった」と説明。橿淵スカウトグループデスクは、「奥川本人は『大丈夫です』と言っていたが、完全に炎症を取ってから再スタートした方がいいという判断。プロのスタート時点でこの決断をしてよかったと思えるようにやっていこう、という話をした」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る